ビューティーワールド ジャパン 名古屋 開催決定

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(梶原靖志代表取締役社長)は、「ビューティーワールド ジャパン 名古屋」の新規開催を発表、出展者の募集を開始した。
会期は2023年7月24日(月)~26日(水)、ポートメッセなごや新第1展示館で開催される。

エステティックサロン、ネイルサロン、美容室などを対象とした化粧品、ネイル、美容機器、ヘア、スパなどビューティーに関する最新の製品、サービス、情報そして技術が国内外から一堂に集う国際総合ビューティー見本市として、1998年に東京ビッグサイトで初開催された「ビューティーワールド ジャパン」。

2006年にはその西日本版として「ビューティーワールド ジャパン 大阪」がインテックス大阪で、2014年には「ビューティーワールド ジャパン 福岡」がマリンメッセ福岡でスタートし、業界のキーイベントとして各地で最 新情報の発信、活発な商談の場、ネットワーキングの場を提供してきた。

現在、1年に3回、東京、大阪、福岡で開催されているビューティーワールド ジャパンへの年間延べ出展者数は約1,200社、そして約90,000人にのぼっている(2022年予測)。

多くの出展者と来場者の要望を受けて2023年7月に開催される「ビューティーワールド ジャパン 名古屋」では、約200社の出展者と3日間で7,000名の来場者が見込まれている。

愛知県を中心とする東海エリア(愛知県、岐阜県、静岡県、三重県)は人口1,492万人を有し、ビューティー関連事業所(エステティックサロン、ネイルサロン、理美容院)は、約33,000軒の規模を誇る(政府統計の総 合窓口 e-Stat/総務省統計局「令和 2 年国勢調査」より)

開催地となる愛知県内のエステティックサロン、美容理容院の数は東京都に次ぐ全国2位と、人口に対してビューティー関連事業所の数が多いエリア。
人々の美と健康に対する関心が高く、消費傾向も活発でさらなる成長が期待されるエリアといえる。

同社では、「ビューティーワールド ジャパン 名古屋」の開催を通じて、東海エリアのビューティー市場の活性化を図り、さらなる成長に貢献していく。

■出展の案内はこちら
https://willap.jp/t?r=AAAGSWK2z5XmoBTTp3zbWc.WJY5svRwszzkfDA



「ビューティーワールド ジャパン」の最新情報↓
・公式ウェブサイト
www.beautyworldjapan.com
・公式フェイスブック
www.facebook.com/BeautyworldJapan1/
・公式インスタグラム
www.instagram.com/beautyworldjapanofficial/

◇姉妹見本市の開催概要
「ビューティーワールド ジャパン 大阪」
2022年10月24日(月)~26日(水)
インテックス大阪2・3・4・5号館

「ビューティーワールド ジャパン 福岡」
2023年2月6日(月)~8日(水)
マリンメッセ福岡A館

「ビューティーワールド ジャパン 東京」
2023年5月15日(月)~17日(水)
東京ビッグサイト東ホール

 

ビューティーワールド ジャパン事務局
メッセフランクフルト ジャパン株式会社
Tel:050-3738-4675
visit@beautyworldjapan.com

 

(ニュースリリース)

関連記事