第10回「ビューティーワールド ジャパン 福岡」 マリンメッセ福岡で3日間開催!

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(代表取締役社長:梶原靖志氏)は、2023年2月6日(月)~8日(水)の3日間、マリンメッセ福岡A館にてビューティビジネスに関わるあらゆる製品、サービス、情報、技術が集まる九州エリア最大規模の総合ビューティ見本市「ビューティーワールド ジャパン 福岡」を開催する。

業界の期待を受けて規模を拡大

第10回目という記念すべき今開催では、会場を福岡国際センターからマリンメッセ福岡A館に移し、会期も2日間から3日間に延長される。
12月22日現在で186社の出展が決定、そのうちの91社が新規出展者。
ビューティーワールド ジャパン 福岡(BWJ福岡)から九州エリアでビューティビジネスに携わるすべての人々にエステティック、ネイル、アイラッシュ、ヘアなどの最新トレンドを発信する。

昨年2月の開催では、126社が出展し、2日間で4,213名が来場、会場内では活発に商談が行われた。
2023年2月の開催においても、業界のさらなる進化と成長を目指して、多くの出会いの場、情報発信の場、そして学びの場を提供する。

ゾーニングとデジタルクーポンで来場者の利便性を追求

会場は出展製品ごとに「コスメティックゾーン」、「美容機器ゾーン」、「ネイル&アイラッシュゾーン」、そして特別出展エリア「NEXT」の4つで構成され、来場者がスムーズに目的の商材を探せるよう展開。
今回の「NEXT」には17の新製品・新ブランドが出展する。

また、出展者と来場者の効率的な出会いを創造するツールとして毎年大好評の「スペシャルクーポンブック」がスマホで使えるデジタル版にリニューアルされ、さらに使いやすく進化。
専用サイトにアクセスすると、エントリーしている出展者ブースにてギフトやサービスを受け取ることができる。

セミナー・イベントも多数開催

参加するすべての来場者に開かれた、学びの場、情報発信の場、交流の場として、例年より多くの企画を予定。
「メインステージ」、「有料ゼミルーム」、「出展者プレゼンテーションルーム」、「イベントステージ」では、さまざまな分野からの人気講師との出会いと新たな学び、出展者と来場者との交流や情報共有、来場者同士の交流など、人とモノのみならず人と人をface to faceでつなぐプラットフォームとしての役割を果たすことを目指す。

1

2

関連記事