2022年業界団体 年頭所感

エステティック関連業界団体が発表した年頭所感は、以下の通り(順不同)。
詳細はリンクをクリック。

■ 一般社団法人日本エステティック振興協議会 理事長 井上 忠一 氏
■ 一般社団法人日本エステティック工業会 理事長代行 井上 忠一 氏
■ 特定非営利活動法人日本エステティック機構 理事長 福士 政広 氏
■ 一般社団法人日本エステティック協会 理事長 久米 健市 氏
■ 一般社団法人日本エステティック協会 理事長 久米 健市 氏
■ 一般社団法人日本全身美容協会 理事長 松本 毅 氏
■ 特定非営利活動法人日本スパ・ウエルネス協会 理事長 下村 朱美 氏


■ 一般社団法人日本エステティック振興協議会 理事長 井上 忠一 氏

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
当協議会、加盟3団体に多大なご尽力、ご支援を賜り有難く厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の拡大により、昨年はエステティシャンの皆さま、経営者の皆さまにおいては、困難な状況下においても、お客様に満足を提供し、事業継続をされた皆様、そしてそのようなエステティシャンやサロンをサポート下さった皆様へ心より感謝申し上げます。

また、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、「エステティックにおける新型コロナウイルス対応ガイドライン」を遵守していただいたことで、お客様と密接になる頻度が高い業界であるにも関わらず、エステティックサロンでの感染拡大を防ぐことができました。ありがとうございました。

当協議会は、エステティック業界の健全化とより一層の発展と社会的地位の向上を目指すこと、消費者の安心と安全の確保および行政など国の機関への業界窓口となることを目的とし、これらを達するための各種事業を行うために設立されました。

エステティック業界では、未だ危害情報や契約に関する苦情が多く存在する状況と、行政からの「セルフエステでの危害」「HIFU機器による施術のトラブル」の注意喚起を踏まえ、当協議会の会員、一般社団法人日本エステティック工業会には、エステティック関連の機器や化粧品の製造業、販売業および輸入業を営む企業が会員ですので、セルフエステ事業者への、業務用機器の販売または、リースを行わない事にしております。

また、医療機器HIFUにつきましても、エステティックサロンで取り扱わないよう指導するとともに、エステティックサロンが励行しなければならない法令等について、適切にエステティックサロン運営の助言をお願いしています。
また、美容ライト脱毛では、昨年も主要都市で安全講習会の運営に取組み、その結果今期までの累計実績は、9000名を越す皆様に勉学いただきました。2022年より、eラーニングでの受講が可能になり、全国300ヵ所にて試験を受講できるようになります。

そして国民生活センター等でも、男性のひげ脱毛等に通いトラブルになるケースや、中でも「通い放題」「〇年間脱毛し放題」「期間・回数無制限」「永久保証」「〇年施術保証」などの長期間の施術を前提とするコースで中途解約・精算をする際のトラブル事例も目立ち、当協議会でも注視して参ります。

経済産業省の業種別のガイドライン一覧でエステティックは「生活必需サービス」と位置づけられており、この危機の中においても、消費者の皆さまに必要とされるサービスとして捉えていただいています。

また、持続可能な開発目標(SDGs)の中でも、「働きがい」「健康と福祉」「ジェンダー平等」などのさまざまな分野で大きく寄与できる業界であると信じております。

社会における業界の健全な発展に寄与できるよう、本年も「今日は明日のために」のスローガンのもと、「安全・安心はいかなる利益よりも優先される」との考えを常に意識し役員一同取り組んで参ります。

■ 一般社団法人日本エステティック工業会 理事長代行 井上 忠一 氏

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
日頃は当工業会の活動にご理解をいただきまして感謝申し上げます。

新型コロナウイルスの感染拡大により、当工業会企業のお客様である多くのエステティックサロン様は厳しい経営環境に置かれております。

そのような中、エステティック関連の機器や化粧品の製造業、販売業および輸入業を営む当工業会会員企業も、衛生に関わる商材をはじめ、必要とされる機器などの開発を通してエステティック業界の健全な発展に貢献できればと考えています。

当工業会は、引き続きエステティック業界の健全化を掲げ、「安全」「安心」の機器及び化粧品の生産と安全基準に基づいた対応を行う所存でございます。

機器につきましては、機器委員会にて、キャビテーション・EMS・RF・エステティックポレーション部会を新設し、この4機種はエステティックサロンにて多く利用されており、特定非営利活動法人日本エステティック機構の機器認証32機種に加える為、規格基準を策定するために活動を行って参ります。

エステティック業界では、未だ危害情報や契約に関する苦情が多く存在する状況と、「セルフエステでの危害」「HIFU機器による施術のトラブル」の注意喚起を踏まえ、当工業会の会員企業には、セルフエステ事業者への、業務用機器の販売または、リースを行わない事にしております。

また、医療機器HIFUにつきましても、エステティックサロンで取り扱わないよう指導するとともに、エステティックサロンが励行しなければならない法令等について、日頃の営業活動を通し、適切にエステティックサロン運営の助言をして頂くよう社内の方針展開の確立をお願いしています。

また、一般社団法人日本エステティック振興協議会に積極的に協力し、危害情報や苦情の撲滅に力点を置き、作成過程にある自主基準に力を注いでまいります。

美容ライト脱毛では、昨年も主要都市で安全講習会の運営に取組み、その結果今期までの累計実績は、9000名を越す皆様に勉学いただきました。
2022年より、eラーニングでの受講が可能になり、全国300ヵ所にて試験を受講できるようになります。

そして、会員企業のご協力で美容ライト機器は、一般社団法人日本エステティック振興協議会の機器認証を9社31機種の取得をしています。

2020年11月、特定非営利活動法人日本エステティック機構の事業者登録制度にて、登録エステティックサロンでの、使用機器につきまして安全実施期限が、2023年末までと発表され、今後のエステティックサロンでの機器によるトラブルが軽減され、当工業会が推進しています機器の安全性をサロン事業者の皆様にも周知し、会員各社は、美容ライト機器以外の機器認証取得にも目を向けて頂き、「安全」「安心」の機器を是非市場に多く投入できるようお願いを申し上げます。

本年も当工業会は「エステティック業界の健全化」に向け、会員各社と協力して推進してまいります。
皆様にとって、輝かしい年になることと、更なるご繁栄をご祈念申し上げ年頭のご挨拶とさせていただきます。

■ 特定非営利活動法人日本エステティック機構 理事長 福士 政広 氏
旧年中は当機構の認証活動に格別なるご理解とご協力を賜りましたことを心より感謝申し上げます。
新型コロナウイルスの感染拡大により、亡くなられた皆様、そのご家族の皆様に衷心よりお悔やみ申し上げます。
2年越しのコロナ禍の影響は、国内のほぼ全てのサービス産業などに及び、当然ながらエステティック産業に大きな打撃を及ぼしたことはご承知のこととは存じます。
当機構は、一般社団法人日本エステティック振興協議会と協力し「新型コロナウイルス対応ガイドライン」の改訂に尽力をさせていただき、多くのサロン事業者の皆様にご協力を賜り、現時点でエステティックサロンにおいては大規模なクラスターの発生は確認されていないことは不幸中の幸いと言えます。
その中で衛生管理の重要性が再認識され、「安全・安心」こそがお客様の来店を促すことができるファクターであることをほぼ全ての事業者が痛感されたのではないかと考えております。 今後も引き続き新型コロナウイルスなどの感染症対策はサービスを提供するにあたり最も重要な要素の一つとなると思われます。
しかし、国の確認を受けた「新型コロナウイルス対応ガイドライン」の存在さえ知らないサロン事業者が未だ存在しており、業界全体での感染防止活動が徹底されていないことはこの産業の信頼性を根本的に揺るがす事態につながりかねない危険性を孕んでいることとなり誠に残念なことであると言わざるを得ません。 当機構は、「新型コロナウイルス対応ガイドライン」などのサロン運営に必須の情報を始めとして行政からの情報を中心にサロン運営に必要な正確な情報をタイムリーにお知らせすることを主な目的としてサロン事業者の登録制度を進めており、すべてのエステティック産業の関係者の皆様が享受できる発展を目指しております。 つきましては、すべてのエステティック産業に関われる皆様には引き続き、当機構の「サロン事業者登録制度」及びエステティック認証制度の普及・推進に是非とも引き続き協力をお願い申し上げます。 本年も経済産業省・消費者庁等の行政機関、並びにこの産業に関わられる企業・団体の皆様に、エステティック産業の健全な発展のために当機構の活動への一層の参画及びご協力いただきたく改めてお願い申し上げます。

■ 一般社団法人日本エステティック協会 理事長 久米 健市 氏
2022年の年頭にあたり謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
本年は当協会が創立50周年を迎える節目の年になります。
協会創立以来ご支援を賜りました会員の皆さま、関連団体の皆様、法人会員・認定校の皆様へ深く感謝申し上げます。
コロナ禍以前には、それまでの社会の変化の延長線上を想像し、どのように対応すべきかを考えておりました。
2022年を迎えた今、現実はまったく違うものとなりました。
コロナ禍による変化に加え、過去の経済発展の延長線上の世界でない「新しい現実」が始まっています。
持続可能な開発目標(SDGs)を無視できない世界になっており、全ての業界において脱炭素、脱プラスティック等への具体的で積極的な対応を考える必要があります。 多様性への対応も、ジェンダーのみならず、様々な障がい、人種・肌の色、体形、年齢・世代のギャップ、信仰・思想・信条等の多様性への対応を考える必要があります。 様々な課題に、社会に貢献する形で、主体的に、積極的にどう取り組むかを示さなければ、選ばれる業界にはなれないことも「新しい現実」の一つになろうとしています。 そのような中、本年は協会の会員の皆様用のガイドライン「AJESTHEスタンダード」を制定致します。 本ガイドラインは3部構成とし、お客様にエステティックを提供する際のガイドラインと、協会認定校や会員向けの教育内容に関わるもの、そして「おもてなし」に関するガイドラインの3つで構成されます。 また、「新しい現実」において、エステティックを「日常に不可欠なもの」、「ライフスタイルの一部」とするには、お客様が持つ不安を軽減し、お客さまの消費におけるエステティックの優先順位を高めていくことが重要です。 その一助とするために、本年度は「AJESTHE シグニチャートリートメント」を開発し、会員の皆様がサロンで『おもてなし』、『安心・安全』、『良質なトリートメント』の3つをパッケージとして活用できるシステムを提供します。 エステティックが「新しい現実」において選択され、エステティシャンが誇りを持ってキャリアを構築するためには、社会に貢献する産業・職業であることが重要です。 エステティシャンにしかできないエステティックを通じた社会貢献が重要であり、ソシオエステティックを通じて様々なレベル・分野で社会貢献をする形の構築も検討します。 依然としてコロナ禍で不安も多い状況でありますが、みなさま一人ひとりにとって、すばらしい一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。
トップに戻る

■ 一般社団法人日本全身美容協会 理事長 松本 毅 氏

お客様から信頼され必要とされ、
そして愛される全身美容(エステティック)を目指して

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。
また、新型コロナウイルスの感染被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

一般社団法人 日本全身美容協会は、1978年2月18日の創立以来、お客様から信頼され必要とされ、そして愛される全身美容(エステティック)サロン経営を目指す経営者の方々が集う事業者団体として、各種活動を行っております。
2021年、一昨年より猛威を振るっていた新型コロナウイルスの感染拡大は、人々の生活様式に変化をもたらし、私たちエステティック業においても多大なる影響を受けたことで、お客様との間に少し距離ができてしまったことは言うまでもありません。
しかし、人と人との接触の制限が徐々に解除されつつある現在、新たな感染拡大も懸念されていますが、自粛による心身の疲れやマスクによる肌への影響等を癒すことを多くのお客様は望んでおられるはずです。
2022年、一般社団法人 日本全身美容協会は、サロン運営において現在も充分なる感染症対策を実施されていることと存じますが、引き続き感染症対策の周知に努めるとともに、提供する役務サービスの安全性や契約の明確化等、お客様に安心してエステティックサロンをご利用いただくことを徹底することが重要であると考えます。
私達の全身美容(エステティック)業は、「人々の心に満足と心地よさと安らぎを与えるとともに、肌や身体を健康的で美しい状態に保つ」という大切な役割を担った業として、今だからこそ消費者の方々の生活に貢献できるかけがえのない業であることに信念を持ち、一人ひとりのお客様を大切にする気持ちがサロンへの信頼に繋がり、お客様を大切にする気持ちが様々なアイデアを生み出し経済活動へと繋がり、お客様を大切にする気持ちが必然とエステティック業の発展に繋がるものと確信しております。
新型コロナウイルスの感染拡大等の様々な社会情勢により変革しつつある健康美容サービス産業ではありますが、一般社団法人日本全身美容協会は、創立以来培われてきた実績とネットワークを大切にしつつ新たな視野を広げ、弊協会の役員及び会員が一丸となり、「お客様から信頼され必要とされ、そして愛される全身美容(エステティック)」を目指してまいります。
そして、エステティックが一人でも多くの方々の生活の一部となるために、エステティックに携わる全ての方々とともに「エステティック業は社会に必要不可欠な業種である」ことに誇りと夢を持って、エステティックサロンの活性化とエステティック業の発展に尽力してまいりますので、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
トップに戻る

■ 特定非営利活動法人日本スパ・ウエルネス協会 理事長 下村 朱美 氏

海外とのつながりも重視しセラピストの地位向上に奮励

明けましておめでとうございます。
日本スパ・ウエルネス協会では、国内の主な活動として、サロンにおけるIS09001 取得の推奨、高品質なサービスを提供するファイブスターサロンの認定、ホスピタリティ溢れるサービスマナー資格と、より高度な知識・技術力が必要とされるJEO(日本エステティック機構)認証の上級資格の取得を推進しております。
海外に向けた活動では、―PSN (国際職業人標準機構)の日本代表および主幹事務局として、美容とエステティックの発展のため、資格レベル統一と相互認証を実施し、海外団体・学校などとの国際交流活動を強化してまいります。
また、日本のウェルネスの追及と高度職業人育成を目指すビューティ&ウェルネス研究所を応援しています。

今後も、エステティックやスパ業界の健全な発展とセラピストの社会的地位向上のため、活動を広げてまいります。
本年も皆様のご理解とご支援をお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。
トップに戻る

関連記事