「ラ・パルレ」がパリコレ A/W2018に協賛


株式会社ニューアート・ラ・パルレ(代表取締役社長:白石哲也)は、 ブランド創設40周年を記念し、1月21日(日)にフランス・パリ最高級ホテル「ル ムーリス」で開催された「Paris Collection RYNSHU Autumn/Winter2018」のランウェイを飾ったモデルへのスキンケアに協力した。

ランウェイ会場は照明も強く乾燥しやすい環境のためベースづくりが重要。新製品の高保湿ラグジュアリースキンケアシリーズ「アクアグラースブラン」、肌トラブルのない健康的な素肌を目指すシリーズ「ラフレル」をショーモデルそれぞれの肌質にあわせて使用し、うるおいある肌に整えることでメイクをより引き立たせた。

―メークアップアーティスト 後藤優美さんコメント―

しっとり感がほしいモデルには「アクアグラースブラン」、さっぱりと軽く、アクネケアも必要なモデルには「ラフレル」とそれぞれの特長にあわせて使いわけ、どちらも瑞々しく潤った肌がキープされました。肌にのせた瞬間から馴染みがよく、仕上がりのべたつきがないのには驚きました。メイクのノリとモチが重要なショーにとって、しっとりした肌をキープする欠かせない点を叶えてくれました。