ビューティーワールド ジャパン 福岡 2月に開催―メッセフランクフルト ジャパン

メッセフランクフルト ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:梶原靖志)は、2021年2月8日(月)~9日(火)の2日間、福岡国際センターにて「ビューティーワールド ジャパン 福岡」を開催する。

徹底したコロナウイルス感染防止策のもとでの活発な商談(本年大阪開催より)

東京開催、大阪開催とともに、エステティック・コスメ・ネイル・ヘアなどの美容と健康分野の最新情報を得られる「ビューティーワールド ジャパン 福岡」は、九州で開催される数少ないビューティ専門見本市として、九州圏でのビジネスの拡大を図る関連企業にとって非常に効率的なプラットフォーム。

2020年2月の開催では126社(国内:122社、海外:4社)が出展、2日間で8カ国・地域から5,160名が来場し、出展者、来場者ともに過去最多を記録した。

その後、新型コロナウイルスの感染が拡大し、4月に予定されていた東京開催が中止となったが、10月の大阪開催は徹底したコロナウイルス感染防止対策を講じて安心・安全に開催され大好評を博し、この流れを受けて、来年2月の福岡開催への期待が一気に高まっている。
12月1日現在116社・団体の出展が決定しており、うち50社が初出展。

会場は「コスメティックゾーン」、「美容機器ゾーン」、「ネイル&アイラッシュゾーン」にゾーニングされ、好評の特別出展エリア「NEXT」も継続。
今回は14社の新規出展者が一挙に新製品・新ブランドが予定されている。

毎年大勢の聴講者を惹き付けている各種セミナーも、お馴染みのメインステージとセミナールーム、プレゼンテーションルームの3箇所の会場で計18本開催する。

エステ関係者対象のセミナーには、圧倒的な人気を誇る森柾秀美氏(Esthetic MORIMASA学院長)、宇治原一成氏(ビューティコンサルタント)らをはじめ、田中玲子氏(レイ・ビューティ・ヘルス研究所 代表取締役)や樋口賢介氏(HIGUCHIリーディング代表)も登場する。

プレゼンテーションルームでは、業界団体セミナーとしてNPO法人日本エステティック機構、(一財)日本エステティック試験センター(JEEC)による2本が予定されている。

そのほか、理美容関係者向けは、新井唯夫氏(FÉERIE代表)が初日にメインステージとセミナールームの2ステージに、また古城隆氏(『DADA CuBiC』アートディレクター)が初登壇する。

ネイル関係者向けに開催されるセミナーには、お馴染みの田辺さおり氏(BLC nail salonオーナー)や福岡初登場のFanFan氏(Colors nail代表)らが顔を揃える。

新型コロナウイルス感染防止対策としては、政府から発表された「イベント開催制限の段階的緩和の目安」を受け、出展者、来場者など見本市参加者の健康を守るために、日本政府の方針および一般社団法人日本展示会協会が作成したCOVID-19感染拡大予防ガイドラインや福岡県または会場のガイドラインに従い必要な感染症対策を講じての開催となる。

当日登録の混雑や密を防ぐため、来場はビジネス来場事前登録が必須。
登録は見本市公式ウェブサイトへ。


見本市公式ウェブサイト
www.beautyworldjapan.com
見本市公式フェイスブックページ
https://www.facebook.com/BeautyworldJapan1/
見本市公式インスタグラムページ
https://www.instagram.com/beautyworldjapanofficial/


今後の開催予定
●『ビューティーワールド ジャパン』
2021年4月19日(月)~21日(水)
東京ビッグサイト西1・2・3・4ホール+アトリウム
併催:東京ネイルフォーラム (主催:NPO法人 日本ネイリスト協会)

●『ビューティーワールド ジャパン ウエスト』
2021年10月18日(月)~20日(水)
インテックス大阪2・3・4・5号館

メッセフランクフルト ジャパン株式会社
ビューティーワールド ジャパン事務局

info@beautyworldjapan.com
www.beautyworldjapan.com



(ニュースリリース)