ダイエット&ビューティーフェア2018/アンチエイジング ジャパン 2018/スパ&ウエルネス ジャパン 2018

 

 

UBMジャパン株式会社(東京都千代田区)は、美容と健康の総合展示会、第17回「ダイエット&ビューティーフェア2018」、第4回「アンチエイジング ジャパン2018」、国内唯一のスパ専門展示会、第9回「スパ&ウエルネス ジャパン2018」を9月10日(月)~12日(水)の3日間、東京ビッグサイト 西1・2ホール、アトリウムで開催した。

「“美と健康”出づる国から、世界へ」をメインテーマに掲げ、今年度は374社の企業の出展者と、2万6966人の業界関係者が集結した。
同時開催の3展示会に大きく分けられた会場は、さらに「コスメ・美容機器(プロユース)」、「販促サポート」、「インナービューティ」、「雑貨/販売/コスメ・美容機器(ホームユース)」、「原料・OEM」、「美ボディメイキング」、「ジャパンメイドビューティ」、「ビューティテック・ヘルステック」、「スパ化粧品」などのゾーンに分けられ、来場者に分かりやすく展開された。
さらに、「糖化対策と糖質摂取」「骨と筋肉」「ビューティテック・ヘルステック」「睡眠」「スパ用化粧品」の5つを今年のフォーカステーマに設定。テーマごとに最新の関連商品や情報を効率よく入手できるよう、セミナーや集中展示コーナーが企画された。

多彩なイベント・セミナーは、今年も変わらず連日開催。その数は3日間で100セミナーで、のべ4千人が参加した。
初日のステージイベントは、「第8回ビューティ&ウエルネスサミット」、地域資源を活用した地域発の美容アイテムを表彰する「第4回ジャパンメイド・ビューティ アワード」、アンチエイジングジャパン開催記念講演などが行われた。
中でも、ビューティ&ウエルネスサミットの経済産業省 商務・サービスグループ ヘルスケア産業課 課長の西川和見氏による基調講演には、展示会開始時間前のスタートにも関わらず、多くの聴講者が訪れていた。
2日目と3日目も、国内唯一のスパ専門展示会「第10回スパ・シンポジウム」、国内のトップスパを表彰する「スパ クリスタル アワード 2018」、美容・健康サービスの可能性を伸展させるビッグデータやAIの最先端技術を紹介する「第1回ビューティテック シンポジウム」、など美容・健康業界関係者にとって盛りだくさんのステージイベントが行われた。
なお、毎年注目を集める「スパ クリスタル アワード 2018」でトップスパに選ばれたのは、「ザ・リッツ・カールトン スパ&フィットネス(ザ・リッツ・カールトン東京)」。

次回は、2019年9月9日(月)~11日(水)に東京ビッグサイト西1・2ホールとアトリウムで開催予定。

UBMジャパン株式会社
http://www.dietandbeauty.jp/
Phone:03-5296-1013

(取材)